シン活 #34-3

概要:U-13関西ヤマトタケルリーグ2部の主審

 

内容:SPA2発

 

9月23日にU-13関西ヤマトタケルリーグ2部の主審の事。

 

カウンターの取り合いになってたんで、DOGSOやSPAが起こる事は覚悟してました。正直、DOGSOでレッドは勘弁してくれって思ってましたけど。

 

それで、案の定、カウンターからのSPAでイエローカード2枚出しました。

1つはファウルを取られた時に選手が「違うやろ!」ってファウルを取られた事自体に文句を言ってましたけど、ベンチはそんなに騒いでいない(か私が聞こえてないだけか)感じでした。

おそらくあれをファウルを取らなかった方が、攻撃側の選手やベンチが文句いってたと思うので、それなりに正しい判定だったかなとは思います。

 

以前先輩レフェリーにアドバイスされたのは、特にカウンターなんかの場合に今ファウルされたらSPAなのかDOGSOなのか周りを確認しておけばファウルがあった時にすぐに判断できる。逆にファウルが起こってから周りを見ても、選手も動いているので、どっちかわからなくなるという事でした。

 

SPA・・・Stopping a Promising Attack

DOGSO・・・ denying a goal or an obvious goal-scoring opportunity

 

ちなみに「promising」は「有望な、見込みのある、期待できる、上手くいきそうな」という意味。ニュアンス的に「ええ感じの攻撃」っていうのが一番近いのかな。

 

DOGSOのDの「deny」は「与えるべきものを与えない」という意味。

ちょっと英語のニュアンスは分からないけど、日本語の競技規則だと「得点または決定的な得点の機会の阻止」って訳してあります。

 

DOGSOもSPAも「Jリーグジャッジリプレイ」ではしょっちゅう出てきます。それだけ、プレー中に発生する可能性が高いという事なんでしょうね。

 

 

競技規則(2022/23)

第12条 ファウルと不正行為(一部抜粋)

 

警告となる反則
競技者は、次の場合、警告される。

  •  反スポーツ的行為を行う。

 

反スポーツ的行為に対する警告
競技者が反スポーツ的行為で警告されなければならない状況は、様々である。例えば競技者が、

  • 相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止するためにいかなる反則を行う。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を行い、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。

 

英語の同じ個所

commits any other offence which interferes with or stops a promising attack,
except where the referee awards a penalty kick for an offence which was an
attempt to play the ball 

 

 

シン活 #34-2

概要:U-13関西ヤマトタケルリーグ2部の主審

 

内容:スローインの距離

 

9月23日にU-13関西ヤマトタケルリーグ2部の主審の事。

 

試合が始まって、一人の選手が相手チームのスローインの際にかなり近い事に気付きました。1回目は注意する前に相手チームがスローインしましたが、また、スローインの際に、スロワーのほぼほぼ目の前にいるので、「ちょっと近いから離れよう」と1回目の注意。それで、ちょっとしたらまた、スローインの時に距離が近すぎるので、「さっきも注意したけど、距離が近いわ」とまた注意。

さすがにもう無いかなと思っていたら、また、スロワーの目の前にいたので、笛を吹いて近寄ってイエローカードを提示。

「さっき2回注意したやろ。これで3回目やで。こんなしょうもない事でイエローもらうのやめよう」って注意したら「分かりました」って言ってくれました。

でも、目の前に立つのが癖になっているのか、その後にもう1回近づこうとした事があって、さすがにこっちもこんな事で2枚目のイエロー→退場にはしたくないので、近づく前に「離れて!」って言いました。

 

フリーキックの場合はあるけど、スローインの距離違反ってあんまりないんじゃないかな?

 

 

競技規則(2022/23)

第15条 スローイン(一部抜粋)

すべての相手競技者は、スローインが行われる場所のタッチライン上の地点から少なくとも2m(2 ヤード)離れなければならない。

 

第12条 ファウルと不正行為(一部抜粋)

 

警告となる反則
競技者は、次の場合、警告される。

 

 

 

シン活 #34-1

概要:U-13関西ヤマトタケルリーグ2部の主審

 

内容:とりあえず試合全般

 

9月23日にU-13関西ヤマトタケルリーグ2部の主審をしました。

私の担当は3試合目で2試合目のキックオフ前に会場に着きました。

この日は台風が近づいている事もあってかかなりの土砂降り。パスしたら5mくらい転がったらボールが止まってしまうような状態で、両チームとも試合開始から終了までずっとキック&ラッシュ戦法でした。

選手同士もゴチャついてサッカーかラグビーかわからないような試合展開で、当然のように接触もあったので、私の試合もこんなんだったら嫌だなと思いながら観戦してました。

 

私が担当する3試合目の開始前から開始後10分位は雨は止んでましたが、そこからはかなりの土砂降りになったりしてたんで、結局2試合目と同じような展開。

そんな中で、両チームともキック1発からカウンター炸裂という攻撃の繰り返しで、ずっとカウンターの取り合い。

「60分ゲームなんでどんだけ走っても持つだろう」と思っていたけど、予想以上のカウンターの取り合いで、後半残り6分(残り3分+アディショナル3分)は足が攣りかけて走れなくなってしまいました。

 

最後は情けなかったですが、全体を通してジャッジはまあまあだったかなと思いました。この試合、下記3つ書こうと思います。

 

スローイングの距離

・SPA

・ベンチ(コーチ)との会話

シン活 #33-2

概要:社会人リーグの副審

 

内容:よくテレビで観るアレに遭遇

 

社会人リーグの試合。

後半残り時間数分で2-1の状態。

そこで、プロの試合とかをテレビで見ていたらたまに観るまさかのアレが目の前で発動。

 

アレとは何かというと、そう、あの、コーナーフラッグ付近での時間稼ぎ。

 

カウンター気味の攻撃からスピードを落としながらコーナー付近(私の近く)に寄ってきたので、ひょっとしてそうかなと思ったらやっぱりそう。

心の中で「頼むしオレの前じゃなくレフェリーサイドでやってくれよ」と思いながら、目の前でおこる攻防を注視。

1回目は攻撃側の選手が守備側の選手に当てて、コーナーキック。ちゃんとジャッジできました。

 

そのあと少ししてまた、同じようにこちらのサイドによってきて、2回目の時間稼ぎ発動。ボールが出てゴールキックになりましたが、攻撃側の選手が「その前に俺蹴られたやん」って私に対して猛アピール。確かにちょっと当たったけど、あんだけご茶ついてるのにそんなん知らんわって感じ。

 

有名な「誘ってんじゃん」の時の副審の方と同じ笑顔になっていたかもです。

 

副審やってたら、こんなプレーに何度も遭遇するんだろうなと思いながら、この日はまあ楽しんでジャッジする事が出来ました。

 

シン活 #33-1

概要:社会人リーグの副審

 

内容:勉強になった言葉

 

プリンスリーグでの激闘(私の中では)の翌日、9月18日日曜日に社会人リーグの副審(A1)を担当しました。

場所は「YANAGI FIELD」という京都と奈良の境にある会場(場所的には奈良県)。

京都の社会人の試合なのに奈良であるって中々しんどい。たまたま翌日が祝日で休みなので良かったですが、16時20分キックオフで、これが普通の土日だったら、帰って翌日月曜日から仕事は中々ツラい。

 

前日は17時キックオフで照明はあったけど、後半はかなり見えづらかったので、この日は少しだけ早い時間ですけど、「後半見えづらくなったらいやだな」と多少不安を抱えながらのキックオフ。

 

上位リーグから降格してきた平均年齢も若くて体力的に勝るチームと、年齢は色々だけど、技術的にしっかりとしているチームの対戦で、前半から中々に激しい戦い。

 

色々と厳しい場面も多かったですけど、主審がベテランの方だったので、上手くまとめた感じでした。

 

試合が終わってから話している中で一つ、勉強になる話をきいたので、ご紹介。

 

「パスしたボールを上手く納められずにトラップが大きくなって、相手選手とぶつかるのは、きちんと納められない選手が悪い。ピタッと足元に納めたら相手選手も来ないのに、自分が弾いてしまうから、相手選手に寄せられてしまい、結果として足と足がぶつかっても、それはファウルではない」という話を聞きました。

 

もちろん相手選手の寄せ方が無茶だったらファウルになるけど、そうでなければ、通常のコンタクトとして判断するという事で、もちろん高いレベルでの話ではあると思うけど、参考になりました。

 

この試合、もう一つ書きます。

シン活 #32-3

概要:U-18プリンスリーグ関西1部の副審

 

内容:オフサイドの際のフラッグアップのタイミング

 

今回、90分間を通してオフサイドラインをキープできたことは良かったですが、反省点も色々とありました。

 

後半に5回ほどオフサイドを取ったんですが、フラッグアップタイミングが遅く、選手たちが結構不満の態度をとってました。

 

少し前までどちらかというとフラッグアップが早すぎたのでちょっと待つようにしたんですけど、この試合の場合、プレースピードも速く、2列目(後ろ)から誰かが来るという事もほぼないので、もっと早く上げた方がよかったみたいです。

 

あとで主審の方にも「フラッグアップ遅かったですよね?」って聞いたら、「もう少し早い方がいいです。けど、タイミングはむずかしいですよね」と優しくいってくれました。

 

主審の方は2級で30歳前の方でしたが、50前のおじさんに対して、気を遣わせて申し訳なかったです。次に組ませてもらえる機会があったら、もう少し頑張ります。

 

ただ、前後半通してオフサイドラインをキープできていた点に関しては、「全然遅れずに最後までついていってましたね」と、これまた気を遣ってもらって、優しい言葉をかけてもらいました。

 

年下ではありますけど、審判としての先輩から褒めてもらって、自信が持てた1日でした。

 

「台風が来て中止になれ」なんてとんでもない事を願ってましたが、プリンスリーグというレベルの高い試合をとりあえずなんとかこなすことができたので、自信につながりました。

 

シン活 #32-2

概要:U-18プリンスリーグ関西1部の副審

 

内容:ユーストップレベルの試合の感想

 

この日は台風が接近しているという事もあって、風が強かったです(しかもピッチ上ゴールに向かって追い風向かい風になっている状態)。

試合前のコイントスで勝ったチームがピッチを変えたので、「変えるんかい!」って心の中で思いましたが、やはりこれだけ風が強いと、色々と考えるんだなと思いました(ちなみに、そのチームは前半追い風のサイドを選んだので、前半で点を取って有利に進めたかったんだと思います)。

 

試合が始まって、最初の5分位は、今まで経験した事のないスピードと展開の大きさにちょっと私自身が混乱気味でした。

一つ一つの判断が早いからだと思うけど、展開が次々と変わっていき、そのスピード(パススピード、選手の動くスピード)も速いので、見ているだけにも関わらず、置いていかれそうになりました。

「90分これはしんどい。今何分?」って思いながら時計をみたらまだ5分位しか経っていなかったので、「これは絶対に無理」って思ってました。

 

でも、5分すぎたくらいからスピードにも段々慣れてきたのか、なんとか展開に頭がついていけるようになってきました。

オフサイドの監視でも、攻撃陣の抜け出しに対して、90分間なんとか頑張ってついていけました。

 

反省点は別で書きますが、とりあえずこのレベルで90分間のゲームでラインをキープできたのは自信につながりました。

 

次回は反省点を。

シン活 #32-1

概要:U-18プリンスリーグ関西1部の副審

 

内容:試合全体の感想

 

9月17日にプリンスリーグ関西の副審をしました。

対戦相手は1チームがJのユースチーム、もう1チームは大阪の高校。

去年の10月からアクティブレフェリーとして活動したので、ちょうど1年。

おそらく私のようなアラフィフレフェリーが関われる試合としてはほぼ最高のレベルなので、1年間の集大成ではないですが、なんとか頑張ってやりたいと思いながらも、スピードにどこまでついていけるのか、不安と心配でした。

 

実は6月に同じプリンスリーグの割り当てがあって、その時に「すごく嫌だな」と思ってたんですが、直前で試合が中止になり(多分コロナだと思いますが)、正直ホッとしました。

今回、割り当てをもらった時に、「さすがに今回は逃げ切れないだろう」と思ってましたが、台風が近づいていたこともあって、「なんとか中止にならないかな」と思ったりもしてましたが、さすがに今回はそんな思いは通じず、試合が中止になる事はありませんでした。

 

今回の不安は2点。

・試合のレベルについていけるのか

・17時開始で、暗くて見えないという事はないのか

 

そんな感じで、今回は2回か3回くらい気のついた事(反省点)を書いていきます。

シン活 #31-2

概要:皇后杯関西予選(女子)の副審

 

内容:ファウルをもらいにいくプレー

 

ハーフタイムにもう一人の副審の方に、前半どんな感じだったか確認。

試合展開が全然違う事もありますが、事前に情報を仕入れていると、準備ができるので私みたいな年齢だけはいってるくせに、経験の浅い審判は少しでもちゃんと判定できるように努力してます。

 

それで、もう一人の副審から「一つ気になるのは、〇番の選手がわりとファウルをもらいにいく感じですね」という情報をもらいました。

 

まあ、そこはどちらかというと主審の領域なんで直接関係ないかなと思いながら、ちょっと気にしてみていたら、やっぱり、一つ一つのプレーで何かあれば倒れてやろうというような感じが見受けられました。

 

Nさんがその辺りはちゃんとジャッジされてましたけど、倒れたからといって全部ファウルとってたら、選手の「思うつぼ」なんで、選手にだまされないようにしっかりと判断しないといけないですね。

シン活 #31-1

概要:皇后杯関西予選(女子)の副審

 

内容:色々と微妙な感じ

 

審判割り当てもらう前から、審判トレセンなどでご一緒していたNさんが主審で私が副審という試合。

5月か6月にも一緒に組ませてもらえる予定でしたが、急遽試合がキャンセルになってました。去年の10月に副審1、2で一緒でしたが、副審同士ってピッチの両端であまり一緒にやっている感がないので、主審ー副審の方が一緒にやっている感じは出ます。

 

この日は9月11日だというのにものすごい暑さ。太陽が丘の天然芝という、他の会場と比べたら涼しいはずなのに、今年一番じゃないかという暑さでした(実際、7月末に同じ場所で審判した時には、晴れている割にはわりと涼しかったです)。

 

暑さのせいという訳ではないですが、なんか調子が悪く、Nさんに成長を見せることなく終わってしまいました。

Nさんの方も、試合後に1つ前の試合の主審をされていたベテランレフェリーの方から、「今日はアカンかったね」と言われてました。

 

私が足を引っ張ってなければ、主審の役割に集中できたかなと思って申し訳なかったです。次はもっと成長して、また一緒にやりたいと思いました。

 

この試合のプレーに関して、1つだけ書きます。