シン活 #7-1

タイトル:またまた社会人リーグ(老獪なプレーヤー達との戯れ)

 

2021年11月14日に、社会人リーグの副審(A2)を担当。

 

概要:その試合の持つ意味について

 

詳細:リーグ最終節の試合。試合前に両チームの順位と状況の確認。

 

プレイの強度はU-15のトップレベルの試合の方が高いのは分かりましたが、社会人の試合は何といっても審判のジャッジに対する選手のリアクションが中々のものがあります。

こっちが少しでも弱気な態度を見せたら、相手の思うつぼなので、あくまで平常心でジャッジするように心掛けました。

 

今回紹介するのは試合前の打合せ。主審の方が、打ち合わせの最初に今回の試合について説明されました。

・リーグ戦の最終節であること

・両チームの現時点での順位

・1チームは勝つか引き分けで上位リーグへ上がる可能性がある事

・もう1チームは負けると他チームの結果によっては下位リーグに降格の可能性もあり

 

上記の状況なので、両チームとも「負けてもいい」といったような消化試合ではなく、必死で勝ちに来るという事を共有する事で、試合展開によっては、両チームとも興奮してしまうような事態も想定されるというような予想ができました。

 

実際、試合が始まると、順位が下のチームが先制しました。事前に上記の情報を共有している事で、「負けているチームが必死で点を取りに行くな」と気持ちの準備が出来ました。

 

試合自体は、主審の方が色々とややこしい大人たちの試合を無難にマネジメントされました。私から見ると(お互い審判なんで贔屓目にみてるかも知れませんが)、ちゃんと判定されていると思いましたが、選手たちは色々と文句を言ってました。

私がオフサイド判定した際も、こちらからすると体1つ分以上出ていて、明らかにオフサイドなのに、「今のは違うわ!」って文句言ってたりしてました。

とりあえず文句言う時と、本当に審判のジャッジが違うという反応の区別はつくような観察眼も身につけないといけないですね。

 

シン活 #6-1

タイトル:U-15最高峰の戦いとの遭遇

 

2021年11月7日は、同じU-15でも男子の関西大会の副審。

社会人の試合も経験してますが、U-15男子のスピードがそれと同じかそれよりももっと速いのか不安しかない状態でした。

同じ会場で2試合あって、私の試合は2試合目。1試合目のキックオフに間に合うように着いて、とりあえずどんなスピードなのか外から確認しました。

 

1試合目は、8月の審判トレセンで一緒だった中学生が副審をやってたんで、注目してみてたんですが、プレイスピードにきっちり付いていけてたように思えました。

 

それで、ちょっと緊張しながら、私の担当する試合になったんですが、プレイのスピードは外から観るのと中でやるのでは全然違っていて、スピードは速いし、常にDFと駆け引きしているし、一瞬も気が抜けなくて、泣きそうになりました。

80分(40分ハーフ)の試合だったんですけど、この前の女子の70分2試合の試合と比べても、こっちの方が疲労度が高く、残り5分位で足がつりそうになりました。

このままだとやばいなと思ってましたが、なんとか無様な姿はさらさずに試合終了までいけました。

 

ちなみに試合は前半3-0で結構ワンサイドになるのかなと思ったら、後半負けている方のチームが2点を返して、3-2に。しかも、残り5分くらいで勝っている方のチームがDOGSOで一人退場に。

私のふくらはぎもやばい状態でしたが、試合も残り5分はかなり熱を帯びてました。後半40分を過ぎてからは、勝っている方のベンチは、「レフェリー、時間!」って何度も叫んでたし、試合終了の笛がなるまで、何ともいえない雰囲気でした。

 

主審を担当されて方はまだ若い方だったんですが、そんな試合でも、すごく冷静にジャッジされていて、ものすごく上手だなと感じました。

 

 

シン活 #5-1

タイトル:フラッグで会話

 

2021年11月3日のU-15女子関西大会の副審。

10月31日に副審した試合の続き(準々決勝)。この日は審判が足りないみたいで2試合担当。

この前の1試合は問題なかったですが、2試合となると、途中で足がつったりしないかかなり不安でした。結果からいうと足はつることなくやり切る事は出来ました。

 

この2試合とも審判は同じメンバー。私は2試合とも副審1(A1 本部・ベンチ側の副審)、主審と副審2は残りの2名が交代で担当されました。二人ともレベルの高い審判だったので、色々と教わり勉強になりましたので、その中から一つ紹介。

 

1試合目が終わった後に、レフェリーサイド(副審がいる方と反対のサイド)でオフサイドがあった場合に、流れによっては主審が副審の方を向いていない時がある。その場合に、審判が気付きやすいように、「バサッ」と大きな音を出してフラッグアップするという事を教わりました。

 

実際にフラッグアップしてもらったのですが、近くで聞くと「うるさい」って思うくらい大きな音を出されました。

私も練習しましたが、微妙な音しか出せませんでした。私は左利きなので、左だと結構いい音が出せたのですが、右ではあまり大きな音が出せませんでした(右手で出せないと意味がないですが)。

 

家で何日か練習してやっとコツがつかめたのですが、真っ直ぐに旗を上げるのではなく、内側からちょっとこねるような感じで旗を上げると結構いい感じで音が出ました。

10月から割り当てもらって、4種以外は副審をしてるんですけど、色々と奥が深い。でも、一緒に審判する方は皆さん丁寧に教えてくれるので、こっちも頑張らないとって思います。

シン活 #4-3

タイトル:フリーキックの再開

 

引き続き、2021年10月31日のU-15女子関西大会の副審。

 

私の担当した試合のあとの試合でのプレイを紹介します。

 

概要:フリーキックからのクイックリスタートの妨害

 

詳細:

センターラインより10mほど守備側のエンドに入った場所で守備側の選手がファウル。ボールの1~2mほどの所に守備側の選手がいたが、それには構わずに攻撃側の選手がすぐにスタートしようとボールをキック。すると、ボールの前にいた守備側の選手が足を出して、蹴ったボールに当たりました。

主審は笛を吹いて、守備側の選手に注意を与えて、カード無しでもう一度フリーキックで再開。

 

 

試合を見ていた他の審判の方々は「あれはカードがいるんじゃなか?」と話してました。その時は実際何が正しいかはわからなかったのですが(私が聞いてなかっただけかも)、家に帰ってから競技規則を読んだら赤字のどっちに該当するかで迷ってしまいました。

 

「キックしたボールをインターセプトした」と判断したならそのまま続けるのが正解で、「フリーキックを妨害した」と判断したなら、イエローカードが正解。

どちらにしても、主審の注意だけという判断は間違っていたという感じかな。

まあ、妨害とするのかインターセプトとするのかは判断を迷う所かなとは思います。ただし、どちらにするか判断した場合は、それに従った(競技規則通りの)処置が必要です。サッカーの競技規則って本当に難しいです。

 

 

競技規則(21/22) 第13条 フリーキック(一部抜粋)

 

3. 反則と罰則
フリーキックが行われるとき、相手競技者が規定の距離よりボールの近くにいる場合、アドバンテージが適用できる場合を除いて、キックは、再び行われる。ただし、競技者がフリーキックをすばやく行って、ボールから9.15m(10 ヤード)離れていない相手競技者がボールをインターセプトした場合、主審は、プレーを続けさせる。しかしながら、相手競技者が意図的にフリーキックを妨害した場合、その競技者は、プレーの再開を遅らせたことで警告されなければならない。

 

 

 

シン活 #4-2

タイトル:DOGSOでPK

 

引き続き、2021年10月31日のU-15女子関西大会の副審。

 

私の担当した試合のひとつ前の試合でのプレイを紹介します。

 

概要:PA内でドリブルで抜け出した選手がキーパーと1対1。キーパーは飛び込んで防ごうとしたけど、ボールに触れずに攻撃側の選手を倒してしまい、PK。カードは無し。

 

このシーンを、その前後の試合で審判を担当する人と見ていたんですけど、このファウルはカードがいるんじゃないかというので、話題になりました。

 

ゴールエリアのすぐ外くらいで、ほぼ中央、PA内には守備側の選手は結構いましたが、キーパーが飛び出していたので、ファウルが無ければ無人のゴールに蹴り込むだけという状況だったので、いわゆるDOGSOの4要件には十分当てはまる気がしました。

DOGSOだけど、ボールにはプレーしようとしていたので、反スポで警告が正しい気がしますね。仮にこれがキーパーと1対1で後ろから明らかにボールにいかずに押し倒したりした場合は「ボールをプレーしようと試みて」にならないので、「PK + 退場 + 時節出場停止」の三重罰になってしまいます。

選手の皆さんはこのルールはきっちりとルールを理解しておきましょう(まあ、そもそもファウルはしたらダメなんですけどね)

 

 

競技規則(21/22) 第12条ファウルと不正行為(一部抜粋)

警告となる反則
競技者は、次の場合、警告される。

 

反スポーツ的行為に対する警告
競技者が反スポーツ的行為で警告されなければならない状況は、様々である。例えば、

  •  負傷を装って、またはファウルをされたふりをして(シミュレーション)、主審を騙そうとする。
  •  プレー中、または主審の承認を得ずにゴールキーパーと入れ替わる(第3 条参照)。
  •  直接フリーキックとなる反則を無謀に行う。
  •  相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止するためにボールを手や腕で扱う。
  •  相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止するためにいかなる反則を犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。
  •  ボールをプレーしようと試みて反則を犯し相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与える。
  • ( その試みが成功しようとしまいと)ボールを手や腕で扱って得点をしようと試みる、または得点を阻止しようと試みて失敗する。
  •  競技のフィールドに認められないマークを描く。
  •  競技のフィールドから離れる承認を得たのち、競技のフィールドから出る途中でボールをプレーする。
  •  試合に対してリスペクトに欠ける行為を行う。
  • ( フリーキックゴールキックのときも含め)ゴールキーパーが手でボールに触れる触れないにかかわらず、競技規則の裏をかいて、頭、胸、膝などを用いボールがゴールキーパーにパスできるよう意図的なトリックを企てる。ゴールキーパーが意図的なトリックを企てていたならば、ゴールキーパーが罰せられる。
  •  プレー中、または再開のときに言葉で相手競技者を惑わす。

 

 

ちなみに以下が「Jリーグジャッジリプレイ」 でも有名なDOGSOの4つの要件

 

次の状況を考慮に入れなければならない。

  •  反則とゴールとの距離
  •  全体的なプレーの方向
  •  ボールをキープできる、またはコントロールできる可能性
  •  守備側競技者の位置と数

 

シン活 #4-1

タイトル:用具チェック

 

2021年10月31日のU-15女子関西大会の副審。

 

副審生活を始めて、1試合目がU-15女子京都大会の決勝の副審、2試合目が社会人リーグの副審ときて、この日はU-15女子関西大会の副審。

最終的にはこの年代の日本一を決める大きな大会だけあって、勝ち上がってきたチームも、有名な女子チームの下部組織だったりするので、どんなレベルなのかちょっと不安でした。

 

私が担当する1試合前の試合を見てましたが、さすがに女子とはいえ、レベルは高いです。ただ、やっぱり女子だけあって男子と比べるとスピード・パワー共にないので、何とかやれそうかなと思い見てました。

 

この試合はもう一人の副審(A1)が、審判トレセンで一緒だったNさん。少年団のコーチもしながら割当もらって活動されてるので、私が割当もらって活動始める前にも個人的に色々と教えてもらったりもしました。今回、初めて同じ試合で審判するのでちょっとだけ楽しみでした。

 

主審は中学生で、テレビにも出たりしている京都サッカー協会期待のホープ(言い方が古いか)。8月の審判トレセンで一緒で、今回初めて一緒に審判させてもらいました。

 

それで、肝心の試合の方ですが、なんと試合前にやらかしてしまいました。

ある選手がアンダーシャツとスパッツがユニフォームと違う色で明らかに競技規則違反。ただ、試合前のチェックで私がチェックした方のチームだったんですが、全く確認しておらず、ハーフタイム中にベテラン審判の方から指摘を受けました。

「審判チーム全員の責任や」って言われましたが、私がチェックしてれば良かった話で他の二人には申し訳ない事をしてしまいました。

これからの時期、ユニフォームの下にアンダーシャツを着用する選手が多くなるのでしっかりチェックしないといけないと反省しました。

 

あと、最近、ソックスで下の部分(足首から下くらい)と上(すね)の部分をテープで止めるやり方があり、プロだけでなく、アマチュアの選手でもそれが多くなってきてるので、上下のソックスとテープの色もきちんと確認しないといけないですね。

 

ちなみに、前にも書いた気がしますが(3級の受験の時に講師が教えてくれた話)、用具の件で、キャプテン翼日向小次郎(若い子は知ってるかな?)のトレードマークともいえる袖まくりは、競技規則上NGという事でした(袖のないシャツなので)。

 

 

競技規則(21/22) 第4条 競技者の用具(一部抜粋)

 

2. 基本的な用具
競技者が身につけなければならない基本的な用具は、次のものであり、それぞれに個別
のものである。

  •  袖のあるシャツ
  •  ショーツ
  •  ソックス – テープもしくはその他の材質のものを貼りつける、または外部に着用する場合、着用する、または覆う部分のソックスの色と同じものでなければならない。
  •  すね当て – 適切な材質でできていて、それ相応に保護することができ、ソックスで覆われていなければならない。
  •  靴
    ゴールキーパーは、トラックスーツのパンツをはくことができる。

 

3. 色

  •  両チームは、お互いに、また、審判員と区別できる色の服装を着用しなければならない。
  •  それぞれのゴールキーパーは、他の競技者、審判員と区別できる色の服装を着用しなければならない。
  •  両チームのゴールキーパーのシャツが同色で、両者が他のシャツと着替えることができない場合、主審は、競技を始めることを認める。

アンダーシャツは、次のものとする。

  •  シャツの各袖の主たる色と同じ色で、1 色とする。
    または、
  •  シャツの各袖とまったく同じ色の柄にする。
    アンダーショーツおよびタイツは、ショーツの主たる色、またはショーツの裾の部分と同じ色でなければならない。同一チームの競技者は、同色のものを着用しなければならない。

 

 

シン活 #3-2

タイトル:ジュニアの試合の反省

 

2021年10月30日に久々ジュニアの(第4種)の一人審判を2試合(40分×2試合)の2試合目。

 

反省点:

最終ラインでパス回し(ビルドアップ)してて、いきなりトップに縦パス1本というシーンが何度かあって、オフサイドかどうかわからないケースがありました。

 

ジュニアのピッチは縦68mしかないので、コンパクトになっていると30m位の範囲に全選手がいたりするので、6年生の後半になると最終ラインからでも十分トップに精度の高いパスを送りこめるので、ボールがどこにあっても、常にオフサイドラインを確認しておかないといけないです(特にレベルが高くなればなるほど)。

 

あと、2試合目の残り5分弱という所で足がつりかけました。これ以上全力疾走したら確実に「つる」と思ったので、誤魔化しながらなんとか持たせました。

もっとトレーニングしないとダメです。

シン活 #3-1

タイトル:ジュニアの試合

 

2021年10月30日に久々ジュニアの(第4種)の一人審判を2試合(40分×2試合)。

 

保護者審判として帯同していた時にはやったことがない40分(20分ハーフ)を2試合動き続けられるか若干不安を抱えながら当日を迎えました。

 

場所は宝ヶ池球技場。去年までも何度か息子のチームの帯同で審判した事がありますけど、人工芝だけどジュニア用の線がペイントされていなくて、マーカーを置いたり、石灰で線を引いたりしてましたけど、何をやっても見づらくて嫌なグラウンドです。

 

あと、ジュニアの場合、コート2面でやるんですけど、スタンドなどのせいか隣のコートの笛が反響してしまい、たまたまタイミングよく隣のコートの笛がなってしまうと、自分のコートの選手がプレイを止めてしまう事も過去には結構ありました。

一応、同じ時間に隣のコートで審判する方に笛は何を使うか確認。「ドルフィン」を使うという事だったので、「バルキーン」にしたらよかったのに、使い慣れていない「FOX」にしますと答えてしまいました(後でちょっと後悔しましたが、まあ、強く吹けば大丈夫かなと考えました)

 

1試合目、体力&使い慣れていない笛に不安を抱え、ちょっと緊張しながらも、試合が始まったら縦横無尽に走り回り(あくまで自己評価)、ファウルもある程度は見れて(あくまで自己評価)、オフサイドの見極めは微妙かなという感じでなんとか前半は終了しそうかと思った残り1分ぐらいで、キーパーがPAギリギリでボールをキャッチしようとして、取りそこないエリアの外でキャッチしてしまいました。

 

キーパーの動きからすると、明らかに外に出たのは分かった上でキャッチした感じだったので、警告しました。

ベンチからは、「今のでイエローは厳しいわ」という声が聞こえてきました。

 

一応、大きなチャンス(下記の赤字)かどうかは微妙でしたが、分かった上で自分からボールを拾い上げたんで、「さすがにこれはあかんやろ」と思って警告にしました。警告になる反則ってほとんどが反スポかなと思うんですけど、競技規則には「例えば・・・」とあるので、これが全てではないと思うんですけど、競技規則の適用間違ってなかったかな?今度上級審判に聞いてみよう。

 

 

競技規則(21/22) 第12条ファウルと不正行為(一部抜粋)

警告となる反則
競技者は、次の場合、警告される。

 

反スポーツ的行為に対する警告
競技者が反スポーツ的行為で警告されなければならない状況は、様々である。例えば、

  •  負傷を装って、またはファウルをされたふりをして(シミュレーション)、主審を騙そうとする。
  •  プレー中、または主審の承認を得ずにゴールキーパーと入れ替わる(第3 条参照)。
  •  直接フリーキックとなる反則を無謀に行う。
  •  相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止するためにボールを手や腕で扱う。
  •  相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止するためにいかなる反則を犯す。ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。
  •  ボールをプレーしようと試みて反則を犯し相手競技者の決定的な得点の機会を阻止し、主審がペナルティーキックを与える。
  • ( その試みが成功しようとしまいと)ボールを手や腕で扱って得点をしようと試みる、または得点を阻止しようと試みて失敗する。
  •  競技のフィールドに認められないマークを描く。
  •  競技のフィールドから離れる承認を得たのち、競技のフィールドから出る途中でボールをプレーする。
  •  試合に対してリスペクトに欠ける行為を行う。
  • フリーキックゴールキックのときも含め)ゴールキーパーが手でボールに触れる触れないにかかわらず、競技規則の裏をかいて、頭、胸、膝などを用いボールがゴールキーパーにパスできるよう意図的なトリックを企てる。ゴールキーパーが意図的なトリックを企てていたならば、ゴールキーパーが罰せられる。
  •  プレー中、または再開のときに言葉で相手競技者を惑わす。

 

 

シン活 #2-2

タイトル:アドバンテージ後の警告

 

2021年10月24日に割当審判のデビュー2戦目。

担当は社会人の試合の副審(A2)。

私ではなく主審の方のジャッジに関する解説。

 

プレイの概要:ファウルでアドバンテージを取ったあとの懲戒

 

プレイの詳細:

試合の後半。

攻撃側の選手がピッチ中央、センターラインより15mほど守備陣側でパスを出したと同時にファウルを受ける。パスを出した選手は結構痛かったのかうずくまったままだけど、パスしたボールは味方選手につながり、チャンスは続いていたので主審は「プレーオン」とコールしてアドバンテージをとりました。

結局そのあと、得点にはつながらなかったですが、プレーが途切れた所でファウルをした守備側の選手に警告をしてました。

 

これって、結構大変で、アドバンテージを取った時には、誰がやったのかちゃんと覚えておく必要があるんですよね。

実際に自分がやるとなると出来るか?

今思えば、副審としてその時に何番がファイルをしたのかちゃんと覚えておかないといけなかったですが、全然出来てなかったです。

 

ちなみに、アドバンテージ(あるいはクイックリスタート)をした場合は、それがDOGSOかSPAだった場合は、懲戒が1段階下がります。

(DOGSOがイエローに、SPAはノーカードに)

 

ただし、悪質なプレーなどでのファウルの場合は、プレーが途切れた後に懲戒処分を行う。あと、明らかな得点機会(かなりのチャンス)でなければ、レッドカードになるようなファウルの場合はアドバンテージをとらない。

うーん、瞬時にそこまで判断するのは難しい。

 

競技規則(21/22) 第12条 ファイルと不正行為(一部抜粋)

 

3. 懲戒処置

 

カードを示すためにプレーの再開を遅らせる
主審が警告または退場と判断した場合、懲戒の罰則の処置をし終えるまでプレーを再開させてはならない。ただし、主審が懲戒の罰則の手続きを始めておらず、反則をしていないチームがすばやくフリーキックを行って、明らかな得点の機会を得た場合を除く。懲戒の罰則の処置は、次にプレーが停止されたときに行われる。なお、反則が相手チームの決定的な得点の機会を阻止したものであった場合、競技者は、警告されることになり、相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止したものであった場合、競技者は、警告されない。

 

アドバンテージ
警告や退場となるべき反則に対して主審がアドバンテージを適用したとき、この警告や退場処置は、次にボールがアウトオブプレーになったときに行われなければならない。
しかしながら、反則が相手チームの決定的得点の機会を阻止するものであった場合、競技者は、反スポーツ的行為で警告され、反則が大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止したものであった場合、警告されない。
明らかな得点の機会を除き、著しく不正なプレー、乱暴な行為または2 つ目の警告となる反則を含む状況で、アドバンテージを適用するべきでない。アドバンテージを適用した場合、主審は次にボールがアウトオブプレーになったとき、その競技者に退場を命じなければならないが、競技者がボールをプレーする、または相手競技者に挑む、もしくは妨害した場合、主審は、プレーを停止し、競技者を退場させ、間接フリーキックでプレーを再開する。ただし、その競技者がより重い反則を犯した場合を除く。

 

 

シン活 #2-1

タイトル:オフサイド

 

2021年10月24日に割当審判のデビュー2戦目。

担当は社会人の試合の副審(A2)。

 

プレイの概要:フラッグアップが遅く、飛び出したGKと攻撃側の選手が交錯。

 

プレイの詳細:

試合の前半。

攻撃側の選手が左サイド(副審の自分からは遠い方のサイド)で抜け出し。明らかなオフサイドだったが、ボールに触っていなかったため、フラッグアップしなかったら、GKが飛び出してきてカット。GKと攻撃側の選手が接触。幸いケガはなかったが、両チームの選手から、「もう少し早くフラッグアップしてくれ」と不満の声も。

 

接触しそうであれば早めにオフサイドにするのは、ジュニアの時から意識していたが、やっぱり社会人とかになると、プレーのスピードが違うので、思った以上に早くフラッグアップしないといけないなと感じました。

 

試合自体は色々と大荒れ。

「学生はまだ素直だけど、社会人は結構、口が悪い」とは聞いてましたけど、予想通り、副審の私も結構文句を言われましたけど、事前に聞いていたからか、わりと平常心でいられました。

 

他にも色々とありましたけど、ブログに書くのはどうかと思うので、自分がジャッジに関わった部分だけにしておきます。

ちょっとだけ言わせてもらうと、表面上は「審判へのリスペクト」って言いながらも、それは自分たちが納得のいくジャッジをしている時だけで、そうじゃない時は、そんな精神はどっかに吹き飛ぶんだなという事を実感しました。

 

やっぱり審判は審判同士でしか理解しあえないんですかね。

 

来週はジュニアの一人審を2試合。かなり久しぶりでちょっと不安ですが、頑張ります。