審判小話 担架

概要:6月5日 高校サッカー 高校総体京都府予選決勝での担架投入

 

6月5日、私は割り当てはなく、特に予定もなかったので、太陽ヶ丘で行われた高校総体京都府予選の決勝を観戦しました。

半分以上は試合よりも審判の動き(今回は特に副審の動き)を見てましたが、審判の動きを見てしまうのは多分「審判あるある」かなと思います。

 

後半残り5分位となった所で、カウンターから、ボールを持った攻撃側の選手と守備側の選手が20mほど並走してましたが、守備側の選手が転倒。攻撃側の選手がシュートしたけど、枠外でゴールキックから再開。

ところが、転倒した後の守備側の選手が立ち上がれず。主審が近寄ってましたが、動けないようで担架を要請。

担架を持って4人がグラウンドに入って来ましたが、その4人がおそらく会場運営を担当したどこかの学校の選手(多分下級生)で、空の担架を持って運んでいる姿を見るだけでも、残念ながら「選手が乗ったらちゃんと運べるか?」と不安になるような動き。

 

とりあえず、倒れている選手の近くまでいって、何やら審判と話をしてましたが、結局、選手が立ち上がって担架が撤収し出したので、「倒れた選手大丈夫だったんやな」と思っていたら、立ち上がった選手が片足でケンケンしながら、ゴールの方に進みだしました。

「何してるんだろう?」って思ったみていたら、そのままグラウンドの外へ出て座り込んでしまいました(そのあと、同じチームの控え選手に肩をかりながらベンチまで戻ってきました)。

 

やっぱり、担架チームが不安なんで自分で外に出たって事なんだと理解しました。

 

私自身、避難訓練かなんかで1回担架を持ったことがありましたが、持ち上げるだけでも結構重かったですし、その状態で数十mも進むのはよほど慣れていないと難しい気がします。

 

4種(小学生)の時は、担架はほとんど用意されていなかったですが(最悪選手がケガで動けなくなっても抱きかかえて運び出せばいいので)、通常は担架の有無も確認します。

ただ、本当に必要になった時に選手を運び出そうとしたら、そこそこ力のある大人4人必要だし、一度もやった事がなければ、途中で選手を落としてしまう可能性が高い気がします。

 

指導者ライセンスの講習なんかで担架の練習とかしてるんだろうか?

もししてないんだったら、ちゃんと練習しておいた方が、実際に使うとなった時の為にもいいように思います。

 

シン活 #21-5

概要:6月12日 U18女子関西リーグの主審(JK達を従えて)

 

総括:帯同審判(JK)とのレフェリング

   (JKという言葉はただ単に使いたいだけ)

 

関西サッカー協会が主催するレフェリー塾というのがあって、大体毎月参加しています。初めてレフェリー塾に参加した時のテーマが、「あまりやる気のない帯同審判と一緒になった時にどう対応するのか」というものでした。

その時は4種の一人審判しかした事がなかったので、そういう状況が全く分かりませんでしたが、今回、その時の事がすごく参考になりました。

 

打合せの際に話した事は大体下記の通り。

  • 注意事項(確認事項)はあまり多く言わない(本当にお願いしたい事だけ)
  • 上から口調で言わない(敬語は使いませんでしたが、命令口調は使ってません)
  • 協力して(助けて)欲しいとお願い
  • 自信を持ってジャッジして欲しい
  • ジャッジに対しての責任は主審である私が持つこと、副審・4審に対して何か文句言われたりしたら、すぐに言ってくれたら私が対処する

 

彼女たちは選手なんで、おそらく好きで審判している訳ではない。その事を理解した上で、いかに気分よくやってもらうかという事を考えました。そう思うと、しがない中間管理職の会社での立場と同じかなと思いました。今回は「あまりやる気がない・・・」ではなく、真面目な子たちだったので、助かりました。

そういえば、4月に中体連の試合の審判をした時も、高校生(男子)が副審をしてくれましたが、この時もすごく真面目な子たちでした。

チームが配慮してくれて、真面目な子を審判として出してくれているのか、たまたま真面目な子に当たっただけなのかわかりませんが、今後も、出来るだけ気持ちよく審判してもらえるようにしたいと思います。

 

 

 

シン活 #21-4

概要:6月12日 U18女子関西リーグの主審(JK達を従えて)

 

この試合、カードは1枚も出しませんでしたが、おそらくルール通りなら1枚出すべきだったかと思います。

 

プレーの内容:

攻撃側の選手が右サイドPAのやや外で、縦に突破しようとしたのをDFがファウルで止めたプレー。ファウル自体はそんなに危険なものではなかったと思いますが、縦に抜けていたら大きな得点のチャンスになっていたと思うので、SPAを取るべきだったかなと思います。

 

なぜ取らなかったのか:

SPAでカードというのは考えましたが、ベンチや選手からのアピールもなかったですし、試合自体が悪質なファウルも少なく落ち着いていたので、出す必要はないかなと判断しました。

この判断でよかったかどうかは、また、上級レフェリーの方と一緒になった時にでも聞いてみます。

 

競技規則(2021/22) 第12条 ファウルと不正行為(一部抜粋)

 

警告となる反則
競技者は、次の場合、警告される。

  •  反スポーツ的行為を犯す。

反スポーツ的行為に対する警告
競技者が反スポーツ的行為で警告されなければならない状況は、様々である。例えば、

  •  相手の大きなチャンスとなる攻撃を妨害または阻止するためにいかなる反則を犯す。
    ただし、ボールをプレーしようと試みて反則を犯し、主審がペナルティーキックを与えた場合を除く。

 

 

もう1つだけ書きます。

シン活 #21-3

概要:6月12日 U18女子関西リーグの主審(JK達を従えて)

 

わりと淡々とした流れの前半でしたが、後半はどうなるんだろうと心配しながら、キックオフの笛を吹きました。

 

後半も最初の方は前半と同じように、ビルドアップから展開する感じでした。

 

そんな流れの中で、後半7分にリーグ上位のチームがGKがゴールキックからPAすぐ外のDFにキック。そのキックが中途半端で、DFも集中できていない感じで、相手チームにボールをカットされて、すぐさまほぼ無人のゴールにキックでまさかの展開で1点入ってしまいました。

 

そうなると、一気に試合展開が変わって、先制されたチームは一気にスピードアップ。ロングボールも使い出すし、球際の激しさも増してきて、私も気を引き締めてジャッジしてました。

 

失敗①

後半35分くらいに、負けている方のチームがDFラインから左サイド(ベンチ側)に展開したプレーで、私は副審を確認してなくて、ベンチから「レフェリー!」って何度も叫ばれてやっと気づくという失態をしてしまいました。

「ごめんなさい。気付かなかったです」って謝って、プレー再開。オフサイドの旗を気付かないのって、主審として一番といっていいくらいに恥ずかしい失敗です。

 

失敗②

後半43分にゴールキックになった際に、私はアディショナルタイムを第4審に伝える事で頭が一杯で、伝えてホッとしたら、実は選手がゴールキックになる前のプレーでボールがお腹に当たってうずくまっていたのに、全く気づかなかったという失態でした。

 

失敗③

残り時間10分くらいで、ふくらはぎが攣りかけてしまい、残り時間、ダマしダマしでなんとか誤魔化しながらやってました。

 

こうみると、全部後半の終了に近い時間帯にやらかしが多かったです。自分でも消耗しているのは自覚しながら、集中しようと思ってましたが、やっぱり集中力がなくなってしまったのかなと思います。

 

続く

シン活 #21-2

概要:6月12日 U18女子関西リーグの主審(JK達を従えて)

 

試合が始まり、前半はリーグ戦上位のチームの方がボール保持する時間は長かったです。両チームともに、ボールを蹴り込む事はほとんどせずに、DFラインからボールをつないでいこうという意図で試合をしてました。

 

スピード・パワーはさすがに男子には劣りますが、パスの精度とかトラップなどに関してはさすがに関西リーグだけあって、しっかりとしている印象でした。

 

球際も割と激しい感じでしたが、ファウルを取りすぎないように意識してました。

 

一つだけ、試合開始10分位にとったファウルに対して選手が「あんだけボール跳んでいったのになんでファウルなん?」って抗議されました。

確かにボールは15mくらい飛んでいきましたが、ボールを蹴った時に同時に足も蹴っており、「ガツン」とわりと大きな音がしたので、「ボールにもいってるけど、足も蹴ってるって僕は見たからファウルにした」って伝えたら納得してくれました。

納得した訳ではなく、これ以上抗議したらまずいと思ったからかも知れませんが、審判と不要な対立を起こさないのは、選手としても賢い対応だと思います。

 

両チームともチャンスはありながらも、前半は淡々とした流れで終了した感じ。ただ、ビルドアップで左右に展開したりして、意外と私の体力は削がれた感じでした。

 

とりあえず、45分は長い。後半持つのかと不安になりながら、15分の休憩をとりました。

 

 

シン活 #21-1

概要:6月12日 U18女子関西リーグの主審(JK達を従えて)

 

副審ウィークから1週間空いてのU18関西リーグの主審。会場が大阪府堺市にある金岡公園陸上競技場で私の自宅から2時間近くかかる場所で割当が分かった時点で「遠いな」と思ってました。

 

それで、試合当日、朝ちょっと時間があったので大会の要項認したら、まさかの90分ゲーム(前後半45分)。前日は少し雨が降りましたが、この日は結構な晴天。しかもキックオフの時間が12時15分。

 

会場に行く前から不安しかない感じで2時間前に会場に到着。陸上競技場の入口で検温している方がいたので、「次の試合の審判です」って伝えたら、小学生向けの陸上教室のスタッフでした。すぐ近くのコースで陸上教室の子供たちと見学の保護者がいるというちょっとしたカオス状態。確認したら審判の控室もないので、競技場の外の木陰でゆっくりストレッチしながらひとつ前の試合を見学。

 

試合開始1時間前でマッチミーティングしましたが、副審2名と第4の審判員(フォース)は両チームの選手。

なんと女子高生(娘と同じくらいの年齢)3人との審判することになってしまいました。

 

一応審判団で打ち合わせを行いましたが、いつもだったら、「助けて下さい」みたいな感じでお願いしているんですけど、さすがに今回はそんなこと言うと不安になるかと思って、「何かあったら僕が引き受けるんで自信をもってやって」と伝えました。

 

前の試合が終わって次の試合までの時間が20分ちょっと。ボールの空気圧をチェックしたり、グラウンドのチェックをしたりで結構バタバタしてたら、選手リストをメモするのを忘れていて、試合直前までバタバタしてました。

選手チェックが始まったらさっきおいてあったボール2個(両チームから1個ずつ)のうち1個がどっか行っていて、開始直前まで色々と余裕がない状態でした。

 

そんな感じで、JK審判たちとの90分が始まりました。

シン活 #20-2

概要:5月末の副審ウィーク

 

2022年5月28日29日と副審2日連続の副審WEEKでした。

 

29日は京都府の社会人リーグ1部の副審(副審2)。

 

開始早々(たしか前半6分)、私とは別のサイドのPA付近で守備側が反則。主審のゼスチャーがPKっぽかったですが、PAの外でフリーキック

あと、守備側の枚数がいなかったので、SPAかDOGSOかという判断も、ファウルした瞬間私も「どうだろう?」って思ってましたが、主審はSPAと判断してイエローカードを提示。

ここでもさすが社会人だけあって、「PKでしょ!」「レッドでしょ!」って色々と活発な意見を出してくれます。

文句は言いながらも、攻撃側もそれほど不満には思ってなさそうなので、まあ良かった感じ。これがDOGSOでレッド出していたら試合の雰囲気が一気に変わった可能性もあるので、判定には気を遣います。

 

前半6分から荒れてしまったら、残りの時間が長すぎて耐えられない。

Jリーグジャッジリプレイのおかげなのか、最近はSPAかDOGSOでカードを出してもびっくりされる事はなくなった代わりに、すぐに「レッドやろ」「イエローやろ」ってセルフジャッジするので、中々大変。

 

私は審判キャリアは新人ながらも、アラフィフで色々と人生経験はあるので、社会人選手のアピールもそんなに動揺しないけど、若い審判は中々大変なようです。

 

ただ、将来的に私も社会人の主審をやるようになったら冷静でいられるのだろうか?

シン活 #20-1

概要:5月末の副審ウィーク

 

2022年5月28日29日と副審2日連続の副審WEEKでした。

 

29日は京都府の社会人リーグ1部の副審(副審2)。

もう慣れましたけど、社会人の試合は、選手から審判に対して叱咤激励とか判定へのアドバイスとかしてくれるので、いつも感謝しながらジャッジしてます。

 

この試合も、開始5分位であったオフサイドかどうかという判定で(私はオンサイドと判断)、プレーが途切れてゴールキックになって、相手サイドでのプレーになったあとに、ゴールキーパーから「オフやろ!」という叫び声が聞こえてきました。

どう見ても私の方をみて言っているようでしたが、「キーパーからはオフサイドに見えたけどよく見えてますね」って褒めてもらったものと勝手に理解させてもらいました。

 

試合はイエローカードが3枚も出てしまいましたし、それ以外でもイエローでもおかしくない反則がありましたが、まあ、社会人の試合は大体そんな感じです。

 

いくつか気になったプレーがあったので、それについてはまた次回以降で。

シン活 #19-4

概要:大物気分2

 

引き続き5月28日のU-15クラブユース関西大会。

プレーとは全然関係ないんですが。

 

会場が京都の強豪、東山高校のグラウンド。1試合目(私が担当したのは2試合目)に京都のチームが試合をしていて、そのチームには息子のジュニア時代のチームメイトが何人か所属してました。

 

それで、トイレに行こうと思ったら、グラウンドの端にあって、控室からは結構歩かないといけなかったんですが、トイレまでいく途中にそのチームの選手(多分1年2年合わせて70人位)が1列に並んで応援していました。

 

応援している後ろを歩きながら、チームメイト何人かは確認できましたが、「元気そうやな」と思いながらも、応援の邪魔したらいけないので声はかけずに通り過ぎました。

 

それで、その1試合目は勝負がつかず延長に入ったので、延長のハーフタイムになった所でもう一度トイレに行こうと歩いていたら、こちらに気づいて挨拶してくれました(多分グラウンドでウォーミングアップとかしていたので気付いていたんだとおもいます)。

 

息子の学年(今の中2)はずっと審判をしていたので、他のチームにいた子も私の事は知っていたみたいで、何人かは頭を下げてくれました。ただ、応援中だったので、「頑張ってるか?」ってちょっと声を掛けただけで通り過ぎようとしたら、誰かが「こんにちは」って挨拶をしてくれました。

そしたら、おそらく私の事は知らない選手たちも、「誰か知らんけど、挨拶してるしとりあえずしとこうか」って感じで「こんにちは」、「こんにちは」って言いだして、そこのチームがいた30mか40mを距離を私が進んでいくと次々と「こんにちは」って言われて、ちょっとした大物気分で気持ち良かったです。

 

会場の案内とかボールパーソンをしていた東山高校の選手も挨拶もちゃんとしていたし、テキパキと動いていて、こういうのをみるとやっぱりすごくいい気分になりますね。

 

シン活 #19-3

概要:大物気分

 

引き続き5月28日のU-15クラブユース関西大会。

プレーとは全然関係ないんですが。

 

会場が京都の強豪、東山高校のグラウンドだったんですけど、入口の受付で観戦する保護者の後ろに並んで名前を記入しました。応援の保護者も結構来ているなと思いながら歩きだそうとしたら、入口にいた東山高校の生徒が「審判の方ですか?」って聞いてきました。

とくに審判って感じの服装でもなかったんで、一流レフェリーの雰囲気が隠し切れなかったのかなと思いながら「そうです」って答えたら、「あそこのスタッフに声をかけていただければ控室にご案内します」ってVIP的な応対。

それで、そのスタッフの所まで歩いていく途中に東山のコーチと思われる方が通りがかったので挨拶したら、また、「審判の方ですか?今日はお車で来られましたか?」って聞かれました(多分駐車場とかの事で聞いたのだと思いますが)。「電車です」って答えたら、先ほどと同じで、「あのスタッフに声をかけていただいたら控室に案内します」ってここでもVIP待遇。

それで、言われたスタッフの所に近づいたら「審判の方ですか?控室はこちらです」って案内されました。

審判する前からVIP待遇で非常に気持ちよくなりながら、東山の選手やコーチからこちらがしゃべる前に「審判の方ですか?」って聞かれたので、「おれも出来る審判のオーラが隠し切れないくらい出まくってるんやな」と思いながら、ご満悦で控室に入り、背負っていたリュックを下ろして、リュックの外側に差してある副審用のフラッグを取り出して試合の準備を始めました。