久ボル2&久縄2

次男が中学校に進んだんですが、当分は試合もなさそう。

先週(2021年4月10日11日)も何も予定がないので(子供たちはそれぞれ予定がありましたが)、土曜日は朝にボルダリング&夜に縄跳び、日曜日は縄跳びをしました。

 

ボルダリングもこの前は息子二人と行ったので、3人で交代でやってましたが、この日は一人で行ったので、この前よりは結構頑張って、腕が多少パンパンになりました。

 

縄跳びは土曜日は200回×2本と、50秒やって10秒休みのタバタアレンジな感じを5本。

日曜日は同じ50秒-10秒を10本やりました。

10本はさすがにしんどかったですけど、なんとかやり遂げました。その後に次男と軽くサッカーの練習をして、最後に3分間縄跳びに挑戦しました。途中2回ほど引っかかりましたが、続ける事はできました。

 

今後は3分間を何ラウンドか(ボクシングのトレーニングみたいに)やっていこうと思います。

 

何か月前か忘れましたが、久しぶりに縄跳びを始めた時は、100回跳んだだけでふくらはぎの筋肉がちぎれたかと思うほどの激痛。その後何とか続けられるようになってからもタバタ式みたいに20秒やって10秒休むを8本とか10本でやってました。

 

縄跳びを跳ぶという事に体が慣れたからだと思いますが、順調に跳べる時間が増えていっているので、良い感じです。

 

高級食パン

先週土曜日(4月3日)に会社で会議だったんですけど、その帰りに2駅歩いたんですけど、電車に乗る駅の近くにあった「銀座に志かわ」という店で食パンを買って帰りました。

 

前から1回買ってみようと思ってたんですけど、買いやすい場所に店舗がなくて、中々機会がなかったんですけど、歩いてる途中に何となく思い出して買ってみました。

 

1本(2斤って書いてある)で864円という、スーパーで売っているパンと比べたら3倍とか4倍の値段なんで、どんな味なんだろうと思ってました。

帰りにちょっと高いイチゴジャムと缶詰のアンコを買って、日曜日の朝に食べようと考えてました。

 

いつもは私が1番に起きるんですけど、この日は嫁さんと娘が予定があって早起きしてました。パンがある事忘れて普通にスーパーで買った食パンを食べてしまってたんで、私だけ、高級食パンを切って、ジャムをつけて食べました。

私の感想としては、「まあ、おいしいと言えばおいしい」くらいな感じでした。

 

昼ごはんは別のものを食べたので、せっかく買ってきたパンが夕方になっても私が一切れ食べただけで残っていたし、「明日には食べて下さい」って定員さんに言われてたんで、日曜日中に食べてしまわないといけなかったんで、夜ご飯にパンの上にベーコンとチーズをのせたピザ風トーストとフレンチトーストにして食べました。

どちらも子供たちが絶賛で、「ものすごくおいしい」と言いながら食べてたんで、少し高かったですけど、買ってみてよかったです。

家とか会社の帰りに店舗がないので、頻繁に買う事が出来ないですけど、たまに買える機会があればまた買ってみたいと思いました。

 

www.ginza-nishikawa.co.jp

久プー2

先週土曜日(4月3日)は残念ながら1日会社で会議。

夕方少し早く終わったんで、帰りにボルダリングしようと思いつきました。

でもちょっと時間があったんで、大阪で地下鉄2駅分(2.5kmほど)歩いてから電車に乗りました。そしたら、なんか疲れたんで、ボルダリングは断念してそのまま家に帰りました。

 

日曜日は午前中はすごく思い曇り空。嫁さんに命令されて、午前中に息子の通学定期を買ったりしました。昼に帰ってきたくらいから結構な雨。

とりあえず運動したかったんで、次男を連れてまたプールに行ってきました。

 

この前行った時は(3月27日)はそんなに人がいなかったんですが、この日は予想外の人の多さ。車で行ったんですが、駐車場に入る時点で停めてある車の多さにびっくりしましたが、プールに入っても当たり前ですが、すごい人でした。

よく考えてみれば春休みで、この日は朝から雨の予報で、昼から結構な雨だったんで、「外に行けないからプールにでも行こうか」という人が多かったんでしょうね。

 

人が多い割には、子供優先のコースが空いていたので、そんなにストレスなく泳ぐことができました。

この前は予想外の1.3kmも泳いでしまいましたが、この日は多分1km行くか行かないか(500mくらいから後は数えてませんでした)。息子は100m(25mプール2往復)をメドレーしたりしながら、1.5kmくらいは泳いでたんじゃないですかね。

 

この前は久しぶりの水泳で、バタフライで25m通して泳げなかったりしてましたけど、さすがに若いんで、今回はちゃんと泳げてました。

 

今週入学式で、次男も中学校での活動が始まりますので、今度プールに来るのはどのくらい先か分かりませんが、私だけでたまに行こうと思います。

 

書評:さよなら私のクラマー 14巻

女子サッカーの試合を審判した事に関する記事 

こんにちはオレのクラマー - 渦の中で

さよならオレのクラマー - 渦の中で

 

マンガを読んだ書評

書評:さよなら私のクラマー - 渦の中で

 

女子サッカーの審判を頼まれた事をきっかけで、去年の10月頃に「さよなら私のクラマー」 という女子サッカーのマンガを読みました。ブログに書いた時点では2巻まで読んで、3巻以降どうするか迷ったんですが、最近継続して読んでいるマンガもないので、40代後半の財力でカネにモノをいわせて、その後に1週間に1冊か2冊ずつくらい買っていって、結局その時出ている全巻(13巻)買ってしまいました。

 

判別がつきにくい(似通った)キャラがいたりして、たまに読んでいても「この子誰だったっけ?」ってなったり、サッカーのプレイしているシーンがイマイチ伝わらない(どんなプレイをしたのか分かりにくい シザーズって書いてあっても、絵からは伝わらない)みたいな点は不満ですが、そういった部分を差し引いても結構面白いマンガでした。

 

対戦するチームがどんなチームか判らずに、試合の途中で驚くみたいなシーンがあって、「狭い女子サッカーの世界で、まして、高校世代なんだから、どんな選手がいるか知ってるやろ」って思ったりするんですけど、そこはマンガのお約束なんで、真剣に怒ったりはしませんでした。

 

それで、14巻を読むまでわからなかったんですけど、今から同じ埼玉県のライバルチームとの試合で次の巻からは盛り上がるのかと思ったら、まさかの14巻で終了。

小さく「fin」って書いてあって、「まさかの最終回?」って読み終わってもその事がはっきり認識できなくて、急いでネットで検索したら、去年の12月に月刊マガジンで最終回になった時にも同じように予想外の最終回でみんながビックリしたようです。

 

4月からアニメが始まって、夏には映画化もされるみたいで、これから盛り上がっていくという時に終了させるなんて、なんという潔さ。

 

なんか腹八分目どころか五分目くらいな感じですけど、人気が出たからってどんどん続けるよりも、そちらの方がいいかもですね。

 

鬼滅の刃」にしたって、あのあと新しい敵が出てくるとかで続ける手もあると思うんですけど、そうやってダラダラと続けずにスパッとやめるのが今どきなんですかね。

 

個人的に、すごくすがすがしい終わり方をしたと感じたのは「タッチ」。ライバルに勝って地区大会(西東京か東東京だったと思いますけど)を勝ち上がって、甲子園での戦いが始まるのかとおもったら、それは一切なしで最終回。

その最終回の最後のページがとてもよかったです。気になる人は読んでみてはいかがでしょうか。

 

タッチ (漫画) - Wikipedia

 

 

 

 

 

 

 

らしいけども・・・

高校3年生なので、2月くらいから実質休みになり、夜遅くまで起きていて、朝遅くに起きるという典型的なダメな生活を送っていた長男が、3月になってやっと人生初めてのバイトを始めております。

 

最初に某有名ハンバーガー店に面接に行ったんですけどあっけなく断られて、次に電話した近くのコンビニは時間帯的に求人がないと断られて、3つ目でようやく決まったのが、今働いているスーパー。

 

しかも、その決まり方がうちの長男の「らしさ」全開で、うちの近くにそのスーパーがあるんですけど、息子は間違って同じスーパーで少し遠い店舗に電話して面接の予約をしてしまいました。

面接前日に私と嫁と長男で会話していたら何か違和感があって、面接予約した店舗が働きたかった近くの店舗じゃない事が発覚して、「明日面接キャンセルする」って言ったんですけど、私が「面接キャンセルしたら向こうに迷惑がかかるし、どうせ受からないだろうし、万が一受かっても通勤がそれほど遠い訳でもないので、面接に行って来い」と言って、キャンセルせずに翌日面接を受けてきました。

 

どうせダメだろうと思っていたら、結果はまさかの採用。なんか店舗間違いで受かってしまう所なんか本当にうちの長男らしいなと思いました。

 

長男の初めてのバイトの日は私は仕事帰りに、嫁は次男のサッカースクールの帰りにスーパーによって働いている姿を見に行きました。

 

まあ、それなりに真面目に働いていたので、出来れば続けてくれたらなと思います。

 

久縄

週末、土曜日プール、日曜日午前中ボルダリングときて、日曜日の午後からは、雨が上がったタイミングで久しぶりに縄跳びをしました。

 

縄跳びも結構久しぶりでしたけど、100回×6セットか7セットやりました。1年近く前から縄跳びをたまにやってるんですけど、最初は100回くらい跳び続けていると、ふくらはぎの筋肉がちぎれたかと思うくらいの激痛でした。

今回久しぶりの縄跳びだったので、その激痛を覚悟してましたけど、意外とそこまでの激痛はなく飛べました。

 

仕事が終わって家に帰って来たら、もう外は真っ暗なんで、そこから走りに行くのは結構、覚悟がいるんですけど、家の前で縄跳びするくらいだったら、嫌になればすぐにやめればいいので、これから特に平日にやっていこうと思います。

 

ただ、縄跳びの欠点は、跳んでいる途中で近所の人に出会うとちょっと恥ずかしいんですよね。

 

久ボル

息子が卒団したあとの初めての土日。

天気が良かった土曜日は13時ごろからプールにいって、帰って来てから夕方にちょっとだけ家の前でサッカーしました。

 

日曜日は朝からあいにくの雨。この日は、これも久しぶりにボルダリングに行ってきました。

 

土曜日にいったプールとは別の大きなプール(京都市の人は知ってると思いますけど、アクアリーナ)にボルダリングの設備もあって、本格的なボルダリングジムほどではないですけど、素人がたまにやるには十分な設備で、これも昔は結構行ってました。

プールと同じで、息子のサッカーが忙しくなってからは全然行ってなかったので、こちらも多分3年ぶりくらい。

 

いつもは家でゴロゴロしている長男がまたまた付いてきて、3人で1時間半楽しんできました。久しぶりなんで腕がパンパンになるかなと思ったんですが、そうなる前に指の皮が痛くなって途中からはあまり出来なくなりました。

 

ボルダリングはスピードは不要ですが(上級者は知りませんが)、自分の手や足をどう動かすのか、どこに体重を乗せるのかなど、しっかり意識をしながら動かないといけないので、自分の思い通りに体を動かす訓練になるかと思います。

 

子供たちがやっている時に、下からアドバイスをしたりする事があるんですけど、例えば、「左足を少し上のホールド(でっぱり)において」とか言っても、中々簡単にできない時があります。左足を動かそうとしたら、当然、左足に体重が乗っていたら動かせないので、そうすると、右足に体重をのせるのか、それが無理なら一時的に手で体重を支えて左足を動かすのかなど、普通のスポーツではそこまで意識せずにやっている動作をきちんと意識するという意味では、効果があるんじゃないかなと思います。

 

水泳と一緒で、今後、サッカーがオフの日にはたまに連れて行ってやろうかと思います。

久プー

息子が少年団を卒団して初めての土日。

同じ少年団で、中学校では別のチームに進む子たちは、早くもこの土日に試合が入っていたりするみたいですが、息子は中学入学前はそれほどがっつり練習参加もないため、予定なし。

 

そこで、土曜日に久しぶりに近くの市営プールに行ってきました。昔はよくいってましたが、息子のサッカーが土日はほぼ試合となった4年生くらいからは行った記憶がないので、約3年ぶりだと思います。

高校卒業して家でゴロゴロしている長男もなぜかついてきて、3人で1時間半ほど泳いで来ました。

 

久しぶりのプールなんで、500mくらい泳げればいいかなと思いましたが、休みながらでなんとか25mプールで50m×20本、1km泳ぎました(その間に息子たちは浅いプールで鬼ごっこしたりして遊んでました)。これで満足、ジャグジーに入って帰ろうかと思っていたら、そこから息子たちが何故か必死で泳ぎ出して(後で聞いたら1kmは泳ごうと思ったみたいで)、それに付き合ってそこから6本(300m)泳ぎました。

息子たちも幼稚園から小学校まで(長男は小6まで、娘は小4、次男は小3)水泳をさせていたので、久しぶりとはいえ、それなりに泳いでました。

 

昔は帰りにアイスクリームをねだられて、ほぼ毎回買ってました。この日も帰りに「アイス」って言ってきましたけど、もう、かわいくもない年齢なので、「ないわ!」って笑いながら一喝しました。子供たちも「さすがに無理か」って笑ってました。

 

予定よりも頑張って泳いでしまったので、翌日か翌々日に、派手な筋肉痛になる事を覚悟してましたけど、意外と大丈夫でした。

まだまだ若いのか、それとも回復が遅くなりすぎて、すぐに筋肉痛が出なくなっているのかも知れませんが。

 

水泳はそれほど体に負担を掛けずに、特に上半身に負荷をかけられるので、今後もサッカーが無い日にはたまに連れて行ってやろうかと思います。

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#100

タイトル:とりあえずジュニア最後の審判

 

2021年3月20日に、近隣のチームが主催するカップ戦(そのチームの卒業記念大会)に息子のチームが参加しました。21日が卒団式で、天気が良ければ、5年生とのお別れ試合を行う予定だったんですが、天気予報は絶望的な感じだったので、この試合が息子の世代のジュニアとしては本当に最後の試合。

別の予定があった女子2名以外は全員参加していて、結果的には8チーム中3位(得失点差で惜しくもリーグ1位抜け出来ず)でしたが、見ていて非常に面白い試合で満足しました。

 

審判は割り当てられていた予選リーグの1試合と、順位決定戦の合計2試合の審判をしましたが、3月1日に太ももをケガしてから、審判どころか全然運動していなかったため、ちゃんと動けるのかものすごく不安でした。

 

担当した予選リーグの試合は両チームとも非常にマナーのいいチームだったので、荒れる心配はしてなかったのですが、体力的には本当に不安でいっぱいでした。

 

いざ、試合がはじまると案の定、5分もしないうちに息が切れてきて、走るのがしんどかったです。

幸い、スプリントが必要な逆サイドへの展開やカウンターはあまりなかったので、何とかこなすことができました。

 

息子のチームの予選リーグ最後の試合は、勝敗によって1位か2位どちらかになるという試合で、1位だったら順位決定戦の審判は不要ですが、2位なら順位決定戦(7位か8位)の審判をする必要があり、しかも順位決定戦は前後半20分なので(予選は15分)、体力的にも限界で、何とか勝って欲しいと願ってました。

 

試合はDFの選手のロングシュートで先制するものの、残り3分で追いつかれて引き分け。得失点差で2位になってしまい、残念ながら順位決定戦の審判もしなければいけなくなりました。

 

順位決定戦は、1チームは何度か対戦した事があって知ってましたが、もう一方のチームは他県のチームでどんなプレーをするかわからずに少し不安でした。

 

途中、想定外のキックで私にボールが当たってしまい、恥ずかしいドロップボールが合ったりしました。

 

2試合ともにそれほど満足いくジャッジではなかったですが、それほど大きなミスはなくこなすことができました。

 

息子のチームの最後の試合(3位決定戦)を観ていて、「これでこのメンバーでやるのも最後か」と思いながらも、なんか実感がわいてきませんでした。

 

ここ3年ほどは、ほぼ毎週試合に行ってましたが、その生活が大きく変わってしまいます。息子のチームのメンバーも、ほとんどの子とは中々会う機会もなくなってしまいますが、自分の中では、また土日が来れば同じメンバーでサッカーするような感覚が残っています。いつも会っていた子供たちと会えない寂しさはこれから感じていくのでしょうか?

 

とりあえず、ちょうど100回で私のジュニアの審判ブログは一区切りとなりました。

卒団式でも何人かのコーチや保護者の方から「これからどうするんですか?」と効かれましたが、まだ全然決めてません。

 

息子の中学校での活動が分かった段階で私もどうするのか決めて行きたいと思います。

それまでの間は走り込んだりして体力を向上させておこうかと思います。

 

しょうもないブログですが見てくれた方には感謝しております。

全然誰も期待していないと思いますが、また、何らかの(審判としての)続編が書ければと思います。

審判以外にも、適当に思う事があれば書いていこうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

天気次第

息子が4年生(U-12)になった時から審判を始めました。

 

Jリーグジャッジリプレイ」のタイトルをパクって、自分が審判をした中で色々と気付いたことをブログに書いてきましたが、気が付けば99回も書いてました。

 

いよいよ、次の土日で息子のジュニアの活動は終了。

土曜日に近隣のチームが主催するカップ戦があって、日曜日が卒団式。

卒団式の後に5年生と試合をするので、それが本当に最後です。

 

どちらかあるいは両方の試合の感想を書けばちょうど100回。決して狙ったわけではないですけど、一旦それでジュニアの審判は区切りです。

この間、しょうもないケガしましたけど、そちらもなんとか回復したので最後頑張りたいですが、問題は天気です。晴れなくてもいいので、何とか中止にならないくらいの天気で持ってくれないかな。

 

来年度も審判の更新はしたので、あと1年は公式戦も審判できますが、息子の少年団に頼まれたら審判するか、息子の中学校のチームで審判するか(出来るかどうか分かりませんが)、割当をもらって本格的に活動するか、今後は未定です。